損保9条の会 憲法9条を輝かせたい
活動紹介
損保9条の会
単位9条の会
賛同の呼びかけ
賛同はこちら
講演録の紹介
申込みはこちら
ニュース
リンク
ご意見はこちら
九条の会へ
HOME BACK
単位9条の会


《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第43号(2019/02/18)
大成9条の会ニュース2018年10月号(2018/12/14)
日本興亜9条の会たより NO.26(2018/10/18)
東京海上日動9条の会会報2018秋号(2018/10/15)
三井住友海上9条の会たより(30)(2018/10/15)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第42号(2018/10/12)
損保9条の会あいおいNO2(2018/10/04)
三井住友海上9条の会たより(29)(2018/07/17)
東京海上日動9条の会会報2018(2018/07/10)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第41号(2018/07/06)
日本興亜9条の会たより NO.25(2018/06/19)
大成9条の会ニュース2018年6月号(2018/06/19)
日本興亜9条の会たより NO.24(2018/04/03)
三井住友海上9条の会たより(28)(2018/03/30)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第40号(2018/03/15)
大成9条の会ニュース2018年1月号(2018/2/01)
日本興亜9条の会たより NO.23(2018/01/23)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第39号(2017/12/28)
損保9条の会あいおいNO1(2017/10/30)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第38号(2017/10/13)
三井住友海上9条の会たより(27)(2017/10/13)
日本興亜9条の会たより NO.22(2017/10/13)
日本興亜9条の会たより NO.21(2017/10/13)
大成9条の会 講演会案内(2017/10/13)
三井住友海上9条の会たより(26)(2017/6/12)
三井住友海上9条の会たより(25)(2017/5/18)
日本興亜9条の会たより NO.20(2017/4/24)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第36号(2017/2/7)
大成9条の会ニュース2017年1月号(2017/1/26)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第35号(2016/10/3)
日本興亜9条の会たより NO.18(2016/10/03)
日本興亜9条の会たより NO.17(2016/10/03)
三井住友海上9条の会たより(24)(2016/9/30)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第34号(2016/6/2)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第33号(2016/4/12)
大成9条の会ニュース2016年2月号(2016/2/17)
三井住友海上9条の会たより(23)(2016/2/17)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第32号(2016/1/14)
日本興亜9条の会たより NO.16(2016/1/14)
日本興亜9条の会たより NO.15(2016/1/14)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第31号(2015/10/26)
三井住友海上9条の会たより(22)(2015/10/21)
三井住友海上9条の会たより(21)(2015/7/8)
大成9条の会ニュース2015年7月号(2015/7/8)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第30号(2015/7/8)
日本興亜9条の会たより NO.14(2015/7/1)
三井住友海上9条の会たより(20)(2015/4/22)
大成9条の会ニュース2014年12月号(2015/4/3)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第29号(2015/4/3)
日本興亜9条の会たより NO.13(2014/11/28)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより号外(2014/10/28)
日本興亜9条の会たより NO.12(2014/10/15)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第28号(2014/10/7)
三井住友海上9条の会たより(19)(2014/10/7)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第27号(2014/4/5)
三井住友海上9条の会たより(18)(2013/11/26)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第26号(2013/11/26)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第25号(2013/8/21)
9条を守る損保女性OBの会 NO.11(2013/7/9)
三井住友海上9条の会たより(17)(2013/7/9)
大成9条の会ニュース2013年1月号(2013/5/21)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより第24号(2013/5/9)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより(2012/10/31)
三井住友海上9条の会たより(16)(2012/10/31)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより(2012/10/18)
2012年三井住友海上9条の会・見学会と懇親会のご案内(2012/10/18)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより(2010/1/28)
三井住友海上9条の会たより(10)(2009/10/07)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより(2009/9/25)
日本興亜9条の会たより NO.10(2009/9/25)
日本興亜9条の会たより NO.9(2009/9/25)
三井住友海上9条の会たより(2009/6/19)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより(2009/5/7)
9条を守る損保女性OBの会たより(2009/3/23)
《損保9条の会》損保ジャパン9条たより(2009/2/27)
三井住友海上9条の会たより(2009/2/27)

過去記事はこちら


大成9条の会ニュース2013年1月号

損保9条の会第9回講演会開く

危険な動き強まるなか 九条守り活かす大きな運動の構築を

あけましておめでとうございます

 大成9条の会の皆様、こんにちわ。元気で新しい年をお迎えになったことと思います。 
 改憲勢力が台頭するなか、今年は改憲の動きがあわただしくなることが想定されます。これまでの運動を土台に、9条の会の輪をいっそうひろげ発展させていきましょう。今年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

第9回講演会と大成9条の会懇親会

 昨年11月24日に開催された損保9条の会第9回講演会には138名が参加し、大成9条の会から21名の方が参加されました。
 東京大学大学院教授・九条の会事務局長の小森陽一さんが「憲法九条、未来をひらく いま民主主義が試されるとき フクシマ後、私たちは何を決意したか」と題して講演、「私たちの草の根の運動でこの10年間改憲を許さなかったことに確信をもって、さらに運動を広げていきましょう」と呼びかけました。
 講演会のあと大成9条の会は居酒屋で懇親会を開き、20名の方が参加、講演の感想やお互いの近況を交流し、楽しいひとときを過ごしました。

〜参加者の感想より〜
時代遅れの動き マスメディアの後進性
 維新は石原+橋本で極右勢力が判 明しました。安倍、野田と今まで考えられなかったような右傾化路線は日本のまさに危機です。世の中全体が戦前のような構図になってきてますね。巨大メディアの偏向報道も戦争を煽った当時と似ていますね。日本のテレビや新聞などのメディアの後進性はすさまじいです。
 こんな時期に憲法改正、集団的自 衛権、原発の裏にある核武装など今までの戦後の日本の平和を求める姿から大きく変貌する、時代遅れの動きだと思います。

大成人との貴重なふれあいの場です
 講演はとても面白く大変参考になりました。そしてやはり、大成の人たちと面会できたのが良かったですね。それぞれ一年ごとに年をとっていきますから、元気な姿、ご活躍に接してとても勇気を与えられます。大成9条の会のいいところだと思います。

今年度第10回は大規模に!
 今年も損保9条の会のイベントを開催します。今月27日に損保9条の会事務局・合同会議を開催し、今年度の取組を具体化します。第10回記念イベントは多くの会員の参加と、特に現役への働きかけをつよめるとともに、改憲を許さない大きな運動のうねりのなかで盛大に開催していきましょう。
 大成9条の会においても、この会が大成人の貴重な交流・親睦の会として発展してきたこともふまえて、多くの方々に呼びかけ、さらに一回り二回り大きくしていきましょう。若い世代への声かけをぜひともお願いします。皆様のお力添えをどうぞよろしくお願い申しあげます。

カンパのお礼と会計報告
 今回の講演会にあたり、参加者による定額カンパ(1口500円)のほかに、参加できなかった多くの方々からカンパをいただきました。心からお礼申しあげます。

このページのトップへ戻る

《損保9条の会》損保ジャパン9条たより

11/24 損保9条の会第9回講演会開催のお知らせ

 民主、自民の「代表の顔」選びでは、改憲派の勢揃いで、原発、消費税、憲法9条をどうするのか、将来への不安は増大するばかりです。ともに学びみなさんと考えてみませんか。

いま、民主主義が試されるとき 『フクシマ後、私たちは何を決意したか』
講師 小森陽一氏(東京大学院教授、「九条の会」事務局長)
       &ミニコンサート ヘンリー黒河、大竹康雄さん

◎日時:11月24日(土)14時より(13時30分会場) ◎参加協力券:千円
◎会場:月島社会教育会館ホール (別紙、チラシと地図をご参照下さい)

 アピール署名賛同者は当面の目標500名に対し、444名です〔2012年9月末〕。署名賛同者の方々に「たより」と「講演会チラシ」をお届けします。みなさまお誘いあわせのうえご参加下さい。
 また講演会終了後にもんじゃ・お好焼で懇親会を開催致します。 ご参加いただける方は、11月20日(火)までに、身近な呼びかけ人または事務局(岩崎090-4171-9964、小川090-6013-5356)までご連絡下さい。

7/7 小出裕章氏/講演会
「隠されてきた原発の真実」に、超満員の800人!

 いま、小出氏の講演会は、10回に1回に応える忙しさでいつも超満員。商社九条の会主催によるタイムリーな企画・講演会で参加者を断る情況で日本教育会館ホールは満員。静かで誠実な2時間のお話は、感動と心温まるものでした。「損保ジャパン9条の会」は13人が参加し、講演後、懇親会を持ちました。
 ・小出さんの講演は非常に判りやすく、特に原発がなくても日本は既存の電力発電だけで需要を賄える、それは政府統計にもてでていること。もう一つは、核廃棄物処理の方法が確立されていないだけでなく、核兵器に使われる公算が大きいということです。このことは私もそうではないかと思っていたので、やっばり・・と納得しました。いますぐ原発全廃を要求する理由は十分です。小出氏は原発反対運動を力強く後押ししてくれたと思います。〔H・Мさんより〕

9.15損保ジャパン9条の会『東京大空襲資料館見学』、懇親会に14人が参加

 9.15地下鉄「住吉」駅午後1時に懐かしい人々が集まり資料館に向かい、会場では詳しい解説、映画などで当時の悲惨な事態を学びました。その後居酒屋、喫茶店で意見交換や近況交流の機会となりました。
―参加者の感想より−1945.3.10わずか2時間余の爆撃で10万人の命を奪い東京の姿をすっかり変えてしまった東京大空襲の資料(地図、写真、防空頭巾、溶けたガラス、焼夷弾、映像)を見てこんな信じられない無差別攻撃が本当にあったのだと、身につまされる思いでした。参加者全員が『戦争はNo!!』と思ったのではないでしょうか。下町の小さな資料館は、戦禍の最も大きかった地に紆余曲折を経て民間募金によって建てられました。この資料を生かし、民間の人々が蒙ったこの悲惨な現実を過去のこととせず、私たちも学び、若い人たちに伝えていく必要を感じました。(Y.Y)

報 告  9.29「九条の会講演会」(日比谷公会堂)に参加して(小川泰徳)

 今年の九条の会講演会は、「三木睦子さんの志を受けついで」「今、民主主義が試されるとき」、のテーマで、9月29日日比谷公会堂で開催され全国から1800人が参加しました。
 講演は呼びかけ人の大江健三郎さん、奥平康弘さん、澤地久枝さんが話されました。
 私は自民党の総裁に再選した安倍晋三氏、幹事長の石破氏タカ派路線全開と橋下維新の会動向に危惧して運動を強めなければの思いで参加しました。8年前の九条アピ−ルと9人の呼びかけ人の原点を思い起こす講演会でした。
 なお、講演内容の要旨は10月14日の週から「九条の会」のニュースに順次掲載されますので、ご覧いただければ幸いです。

★原発再開もオスプレイ配備も憲法にかかわっている−大江健三郎氏
 この国は民主主義の国だろうか?原発事故で現在も16万人の方が避難しています。政府が行った市民の意見聴取会は原発ゼロが圧倒的に多い。原発廃止を考えている人たちの集まりは十数万人の大集会を開くことができました。政府も民意を無視することができず「原発稼働ゼロ」に向けた方針を決定しましたが、その直後、これに反対する勢力が、政府に対して直ちに圧力をかけてきました。一つはアメリカ政府、今一つが済界で、経団連の米倉会長が首相に電話で「承服しかねる」と言ったら野田政権は閣議決定せず、方針を勝手に変更し、そのままで政権を担当しようとしています。これは民主主義でないと思います。
 沖縄でのオスプレイに反対する10万人集会も、原発反対の大きい運動も、二つとも実は憲法にかかわっています。憲法を世界に向かってアメリカに向かって、守り抜く、あらゆる国に対して「守るよ」と示すことが日本の民主主義にとって最も重要なことです。
★「九条の会」が立ち上がった時の魂が問われている−奥平康弘氏
 9条の会が立ち上がった時の魂が問われている、私たちの活動を進めて、9条の魂を再び選びとろう。
★情勢は旺盛な学習対話活動を求めている−澤地久枝氏
 三木睦子さんは戦争ダメだと言続けたことは立派でした。二つの政党のリダーの選挙を見ていて日本はこんなにダメな国かと思った。沖縄、オスプレイは何も言わない。原発に触れる候補もいない。一人ひとりの意思と勇気が試される。未来がどういう未来になるのか、選択の場所に立っている。

「九条の会」よりの呼びかけ
 9月29日の呼びかけ人会議で、集団的自衛権の行使容認、明文改憲の動きが強まる情勢のもと、学習対話活動が重要になっているとして、呼びかけ人を先頭とした憲法セミナー、九条の会事務局主催の学習会を連続して開催することを決めました。来年の秋に、憲法についての大きな学習討論集会を開くこととしました。

このページのトップへ戻る

三井住友海上9条の会たより(16)

(三井住友海上9条の会事務局 03−3567−8929 FAX03−3561−2946)

2012年10月27日

第9回 損保9条の会講演会

 11月24日(土)午後2時より(開場1時半) 月島社会教育会館ホール

講演 小森陽一氏

「フクシマ後、私たちは何を決意したか」 巨大な盛り上がりをみせる脱原発運動と憲法9条について考えます。 ミニコンサートは三井住友OB大竹さんのご主人大竹康雄さんのハーモニカ演奏です。 みなさま!ぜひご参加ください。月島は地下鉄有楽町線と大江戸線が来ていて便利なところです。

チケットは整理券ですので、当日受付にて参加費1000円をお支払いください。終了後、懇親会を近くの店で予定しておりますので、受付の際ご案内します。
なお、講演会ご参加の方は、下記へご連絡くださると幸いです。
  中澤  090−4725−2192  048−663−2957
  谷   090−4703−8847  0551−47−2997

三井住友海上9条の会 明治大学内陸軍登戸研究所見学会の報告

10月20日、秋晴れの見学会日よりでした。参加者は14名で、三井住友海上9条の会・
見学会に初参加のかたが3名でした。めざす明治大学生田キャンパスは小高い丘の上にあります。
現在の正式名称は明治大学平和教育・登戸研究所資料館です。説明の資料も整っており、特に
ガイドの渡部氏は自ら保存運動に携わった方でとても素晴らしいガイドでした。
 (1)ここは陸軍の秘密戦のための研究所だった。防諜・諜報・謀略・宣伝を研究し実験・製造
 (2)各種毒物、細菌兵器、盗聴機材、有名なのは1944年から半年間飛ばされた風船爆弾の製造
 (3)秘密の中の秘密は 中国紙幣の偽造
このような聞きしに勝る恐ろしい戦争の裏側の作戦の中心であった機関だけに、発掘や保存運動は
ドラマのように面白い展開があります。高校生の地元の戦争遺跡を研究する活動が、いろんな方の
つながりを一つにさせ、実を結んだと言う事に、私は感動しました。皆様もぜひ見学してください。
(電話 044−934−7993 11月21日〜3月2日まで 偽造印刷工場企画展があり)
記 谷 芙美子

三井住友海上9条の会呼びかけ人 (土田 伴 山本 翠川 岩越 川上 一色 中澤 谷 )

このページのトップへ戻る

《損保9条の会》損保ジャパン9条たより

事実先行、強まる改憲の策動

 昨年11月、憲法調査会は討議再開し、4月27日自民党は新改憲草案(天皇の元首化、自衛隊の国防軍化など)を発表、審査会で論議を求めるなど改憲派は、憲法9条に焦点をあわせた策動を強めてきています。
 自民党政権の「武器輸出三原則」の緩和、南スーダンへの自衛隊派兵の閣議決定、橋下大阪市長の憲法をないがしろにする暴言、民主主義破壊の強権的運営手法など、戦争のできる国づくりにむけた憲法違反の事実先行がつぎつぎとすすめられています。
 いま「改憲や9条」に焦点に向けた状況の中で「憲法・9条を守る」対話や「九条アピール賛同署名」のとりくみの広がりが求められています。(ご連絡下されば署名用紙をご送付致します。)

2/21第8回損保9条講演会には143名が参加

 2月21日に小沢隆一氏(東京慈恵会医科大学教授・憲法学専攻)を講師に招き「原発も核兵器もない日本・憲法を生活に活かそう」の講演会には、全体で143名(損保ジャパン9条の会からは23名)が参加し、おおいに学び交流を深めることができました。

損保ジャパン9条の会主催、『賛同者の集い』を開催。

・日時:9月15日(土)午後1時30分
・内容:東京大空襲資料館見学・江東区
・集合場所:地下鉄半蔵門線住吉駅 B1出口(地上)

 参加希望者はSJ9条の会事務局またはお近くの事務局員にお申込みください。
 参加要領、費用等詳細は、参加希望者あて、別途ご連絡いたします。


損保9条の会主催
「第9回講演会」日程決まる

○日時:11月24日(土) 午後1時開場
○講師:小森 陽一氏


「原発のない日本」「憲法を生かし9条守る」
一人ひとりが真実を知り自分で考え判断することが大切!

 フクシマ原発事故=フクシマは、人類史上最悪の「レベル7」。フクシマは1年3ケ月経過の現在も、大気、大地、河川、海に放射能を放出しています。放射性物資は東日本、日本列島に広がり、現在と将来の放射性廃棄物処理、放射線の外部・内部被ばく、飲料水、食料品汚染の恐ろしさと不安は深刻です。

 私は、フクシマまで「原発」の甘い認識と「安全神話」「原子力ムラ」のカラクリや「地震は天災」「原発は人災」「原爆・核兵器と原発も同根」などの無知であり何も行動してきませんでした。
 フクシマの悲しい辛い経験から映画や情報、本を読んで多くのことを学んできました。

 政府、東電、御用学者、マスメディアは、国民に「今のところ問題になるレベルではない」「直ちに健康に影響はない」の報道やスピーディーによる放射線量、風の方向などを隠し、嘘と騙しは続いています。 
 フクシマの事故原因、炉心の溶融状況究明、廃炉方法や処分場の設置計画すら不明のまま野田政権は、12/16「収束宣言」「原発輸出」や再稼働ありきとは、正気の沙汰ではありません。
 しかもフクシマの第3号機(プルサーマル運転)、4号機(使用済み核燃料・1535体)プールの再爆発や全54基に大地震が起これば首都圏、日本列島、世界は崩壊を迎えてしまう恐れがあります。
 全世界で放射性物質、核燃料廃棄物処分方法、コントロール「トイレのないマンション」や被爆の治療法を持ち合わせていない現在、人類がパンドラの箱を開けてしまったのです(ギリシャ神話)。まず箱の蓋を閉める。原子力と人類は共存できません。すぐに廃絶し自然・代替エネルギーの転換しかないのです。
 私たちの世論と運動の中で一定の手直しはしながらも「原子力ムラの利権構造」は何も変わっていません。国民の犠牲に責任を取らず、政府と電力会社は値上げ・計画も狙っています。
 この「原子力ムラ」と改憲派の「9条の改憲」や戦争への道は「これほど儲かる商売はない」という「国民の命よりおカネ、モノが大切」の利権構造と重なって見えてきます。
 「原発のない日本」「憲法を生かし9条守る」ためには草の根など国民的合意を深め広げることだと思います。一人ひとりが真実を知り自分で考え判断することが求められています。
 辛い経験から学び、「思いを行動に」して対話や取り組みに参加していきたいものです。

(損保ジャパン9条の会 岩ア 文夫)

小出裕章氏/京都大学原子炉実験所助教 講演会「隠されてきた原発の真実」

7/7(土)開場:午後1時 開会:1時15分 開場:日本教育会館3階ホール(地下鉄・神保町)
☆前売券:1,000円(当日券1,200円)

 「安全神話」など真実が隠され続けています。今、反原発を40年訴え、最も信頼されている小出氏の講演会(商社9条の会主催)をご紹介いたします。参加されたい方は7月1日までに必ず下記あて連絡ください。「損保ジャパン9条の会」の枠は先着順10名です。教育会館玄関に12時40分集合。
連絡先:岩崎090-4171-9964 小川090-6013-5356

このページのトップへ戻る

2012年三井住友海上9条の会・見学会と懇親会のご案内

明治大学平和教育・登戸研究所資料館見学と秋色の日本民家園を散策して懇親会

日時 2012年10月20日 (土曜日)12時30分集合
集合場所 小田急線 向ヶ丘遊園駅 北口
(快速急行と多摩急行は止まりません。それ以外の急行・準急は止まります)
日程 向ヶ丘遊園駅より タクシーに分乗して 明治大学正門まで
構内を通り資料館へ (044−934−7993)
2時間弱 見学(説明をしてくれます)
タクシーに分乗して 日本民家園へ (044−922−2181)
1時間ほど 秋色の公園・民家園 散策
バス・タクシー・歩ける方は徒歩にて
登戸駅前”鐵の家“(044−933−9332)へ
懇親会は5時から、7時頃までに終了予定です。

途中からの参加や、早めにお帰りになる事も自由です。ぜひ、ご都合をつけてお顔を見せてください。今回神奈川県ですので、神奈川の方多いにご参加ください。
ちょっと遠方の皆様も一見の価値ある資料館です。多くの参加をお待ちしています。

登戸研究所ってどんなところなの?

登戸研究所は戦前の第9陸軍技術研究所で「秘密戦」の役割を担っていた研究所です。
偽札製造や「風船爆弾」の製造、生物化学兵器開発などが行われた資料の展示、また戦争末期の研究所の疎開や、敗戦と米軍による調査なども展示されています。
こうした戦争の暗部とも言える部分を直視し戦争の本質や戦前の日本軍が行ってきた諸活動に一端を、冷静に後世に語り継いでいく必要があります。(研究所ガイドブックより)

ご参加の連絡は 
三井住友海上9条の会世話人 中澤 町千子 090−4725−2192
                    谷  芙美子 090−4703−8847

このページのトップへ戻る

《損保9条の会》損保ジャパン9条たより

危険な「国会改革」法案で解釈改憲の策動

― 一人ひとりの声と行動で阻止しよう ―

 昨年の衆院選挙の結果、改憲派が三分の二を切り、国民投票の発議ができない状況になった。当面、明文改憲の危険は遠ざかったか、やれ一安心と思っていたところとんでもない、たいへんな策動が進行している。それは民主党小沢幹事長の主導する「集団的自衛権」を合憲とする解釈改憲の動きである。民主党は今度の通常国会に「国会改革」と称して、国会法改正の提出を準備している。その一つに官僚の国会答弁を禁止する内容が入っており、その中に内閣法制局長官も含まれるという。
 歴代の内閣法制局長官は「集団的自衛権」は憲法九条のもとでは認められない、との国会答弁をしてきた。それが政府の統一見解として文書回答にもなっている。同じ「政府特別補佐人」である人事院総裁と公正取引委員会委員長の答弁は従来どおり認めるが、法制局長官のみ禁止されるという。小沢は昔から「国連活動への参加なら海外での武力行使も合憲」と主張してきた経緯からしてその意図は明白である。
 そもそも「集団的自衛権」とは日本の自衛のためのあるのではない。日本の領土外で(日本が攻撃を受けていなくとも)同盟国(アメリカ)が戦争をする場合、日本もそれに参加することができる、という憲法解釈である。たとえ、「国連活動」という枠がはまっているとしても、九条の条文にない枠はいつでもはずされるおそれがある。憲法九条の核心に関わる解釈改憲であるといわねばならない。
 私たちは危険なこのような策動の危険性を急いで広め、草の根運動の総力をあげて粉砕することが緊急の課題である
(寄稿者:高橋順雄氏)

「損保9条の会」第6回講演会(2009/10/24)

品川正治氏の
「戦争も経済も人間の目で」
の訴えに、多くの参加者が9条を守り、発展させる運動に確信と展望を深める集いとなりました。

〇会場には参加者180名で大盛況。損保ジャパン9条の会からも講演会、懇親会に30人が参加。
〇品川氏の講演録を希望者にお分けいたします。
 講演録は1部300円です。購入希望者は「損保ジャパン9条の会」事務局まで御連絡ください。

「9条の会アピール」 賛同署名の到達点
〇2009年12月末到達点 421名
〇新年を迎え、500名突破をめざして、決意も新たに親戚、友人、知人等への呼びかけをもうひと回り広げましょう。

このページのトップへ戻る

三井住友海上9条の会たより(10)

(三井住友海上9条の会 事務局 03−3567−8929)   2009.9.25

 天高く、気持ちのよい秋となりました。お元気にお過ごしでいらっしゃいますか?
民主党中心の新政権が始まりました。“変わる”ことの期待感があります。9条を生かし守っていくさまざまな運動にも新しい展開があると思います。そのようなタイミングに品川正治さんのお話を聴ける事はとてもよいチャンスであると思います。

  • 10月24日・損保9条の会・品川正治さん講演会のご案内を同封いたしました。ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます。整理券も同封いたしましたが金券ではありませんので当日受付に講演会参加費として千円お支払ください。
  • 10月9日(金)午前8時より9時15分まで、三井住友海上駿河台ビル前にて、講演会のお知らせを配ります。ご参加くださいますようお願い申し上げます。
  • 講演会お知らせの裏面に、9条アッピールが掲載されています。ご賛同の方を一人でも多く、募っております。ぜひご署名の上、郵送またはFAXをくださいますようお願いいたします。

「日米の対等外交」は9条の精神を語りつくすことから

日本の新政権、特にその外交、安全保障政策へのアメリカからの疑念や苛立ちがきこえる。9月1日のNYタイムスが「鳩山の求める“米国との対等な関係”は懸念を抱かせる」と云えば、ワシントンポスとは「鳩山がアジア外交を重視して米国との疎隔を模索するのは危険だ」と云う。9月9日には米国防総省が記者会見でインド洋給油継続を求めてきた。これらは「対米協調」以外の外交方針を持たなかった自民党政権の“負の遺産”であり、新政権への“つけ”に他ならない。
元来鳩山氏は日米同盟基軸論者、そして9条改憲論者として知られた人、アメリカからこんなに危険視されるのは気の毒ともいえる。だが新政権が国民の期待に応え、自らの政権公約を実現する上では米国と正面から対話し、問題を克服する以外にない。そのためには「日本は何故自衛隊を外へ出さないのか」を誇りを持って説くことである。9条の精神を語りつくすことである。そうした真剣な討論の中で初めて「核なき世界」を説くオバマ との共鳴や共通の基盤も得られ、非軍事分野での協力も可能になろう。私たちはこうした外交努力を要求し、激励し、支持して行きたいと思う。   KT生

* 今年の三井住友海上9条の会の独自企画は、         
『東京大空襲・戦争資料センター』
と下町めぐり。11月21日(土曜日)に決定!
午後集合、夕方より忘年会です。
詳細は後日ご案内しますが、
  今から予定をしておいてくださいね。

         三井住友海上9条の会呼びかけ人
          土田  伴  山本  翠川  岩越  川上  一色  中澤  谷

このページのトップへ戻る

《損保9条の会》損保ジャパン9条たより

10/24(土)損保9条の会第6回講演会のお知らせ チラシ参照

 憲法9条、平和、・・損保のあり方を語る。 損保9条の会ニュース参照

開 場 午後1時30分
開 会 2時
会 場 日本青年館ホール
参加協力券 千円
講 演 品川 正治 氏 (損保9条の会呼びかけ人、経済同友会終身幹事など)

 「損保ジャパン9条の会」は、去る5/16に「うたごえ&交流会」を開催し21名の参加で、久しぶりにうたごえを楽しみながら交流の集いとなりました。
 憲法9条を守る一点で一致する会として結成され、「九条の会」アピールへの賛同署名は412名が寄せられています。 (同封のチラシの賛同署名〔裏面〕も有りましたらご持参下さい)
 1年ぶりの第6回講演会を開催いたします。お気軽に声を掛け合ってご参加下されば幸いです。
 ご参加の有無を参加の呼びかけの方より連絡いたしますが、10月21日までにご一報下さいますようお願い致します。

 (事務局事務所又は、岩アメール:fu.iwa@tcat.ne.jp、岩ア:090-4171-9964、小川:090-6013-5356)

 

映画「いのちの山河〜日本の青空U〜」

完成試写会、新宿武蔵野館で上映

 映画「日本の青空」は、日本国憲法の誕生をドラマ化してその役割と影響をあたえています。
 第2弾として映画「いのちの山河」(大澤 豊監督)は、憲法25条をテーマに岩手県沢内村の「命の差別を許さない老人、乳児の医療費無料化を実現した実話」で、今日的な映画です。
 「損保ジャパン9条の会」では、製作協力券1口(100枚)に参加し皆さんのご協力で112枚普及することがました。映画、パンフレットのタイトルクレジットに「損保9条の会」とともに掲載されています。購入された方や賛同者の皆さんで観賞のとりくみをすすめていきましょう。

  • 完成試写会
    10月7日(水)  10時 14時 18時30分
    台東ミレニアムホール/台東生涯学習センター〔地下鉄銀座線「田原町」徒歩10分〕


  • 新宿・武蔵野館で4週間上映
    (JR「新宿駅」東口・徒歩2分) Tel:03−3354−5670
    11月14日(土)〜12月11日(金)  10時30分 13時

 (9/24現在 賛同署名:412名)

このページのトップへ戻る

日本興亜9条の会たより NO.10

2009・9・20 NO.10
日本興亜9条の会事務局(荒井 方)
TEL・FAX 042−321−1558

総選挙の結果生まれた新しい状況の中で
憲法を守り生かす運動をあらためて大きく広げましょう

 8月30日に行われた総選挙の結果、自民党の歴史的大敗と自民・公明政権の退陣、それにかわる民主党中心の新内閣誕生という巨大な変化が起こりました。
 今度の選挙は憲法改正は直接には大きな争点にはなりませんでしたが、衆参両院に設置された憲法審査会は、国民投票法の規定上は来年5月から憲法改正案の審査や提出が可能になります。

  • 9条改定「反対」が全議員の51%になり、過半数を占めた。民主党の新議員は62%が9条改定に「反対」(毎日新聞)
  • 改憲派の議員(新憲法制定議員同盟)が大量に落選―139人から53人に激減(しんぶん赤旗)

 これらの結果は、「改憲反対」が過半数を占める世論の力と日本社会をメチャメチャにしてしまった自公政治への激しい怒りとが結びついてつくりだされたものと捉えることもできます。
 状況はただちに改憲を発議できる状況ではないことも明らかです。
 しかし、改憲派の「改憲運動」はつづきます。アメリカからの集団的自衛権行使の圧力もつづきます。改憲派から投じられる「変化球」として、近い将来「9条以外の他の条項での改憲の提起」もありえます。これらを許さないしっかりした草の根の足場を広く深くつくって行きましょう。

損保9条の会 第6回講演会(案内チラシ参照

○品川 正治さんが2回目の講演です。
 4年前の話を前進させ、憲法が導く平和、経済システムまた損保のあり方を語っていただきます。
 講演会終了後、会場近くの「和民」で当会の懇親会をおこないます。品川さんも同席される予定です。たくさんの方の参加お願いします。
○ 案内チラシの本社前(霞ヶ関)配布
 10月6日(火)7:45〜9:00 都合がつく方、参加してください

このページのトップへ戻る

日本興亜9条の会たより NO.9

2009・8・21 NO.9
日本興亜9条の会事務局(荒井 方)
TEL・FAX 042−321−1558

損保9条の会第6回講演会が決まりました

時:10月24日(土)
講師:品川 正治氏
場所:日本青年館国際ホール

 品川さんは現在85歳。損保9条の会では2005年6月の結成総会以来、2度目の講演となります。その間に、講演の要請にはほとんどすべて応えられ、全国各地を廻り、みずからの実体験を交えて9条を守り、平和を守ることの大切さ、日本経済のすすむべき道を訴えています。
 案内チラシ、チケットなどは後日お送りします。

劇映画「いのちの山河〜日本の青空U〜」

 この映画は、60歳以上の老人と乳児の医療費無料化を全国で先駆けて実施した岩手県沢内村が舞台です。主人公のモデルは地元出身の第18代村長の深沢氏です。マスコミにも取り上げられ、近日中に完成予定です。
 損保9条の会では、「日本の青空」と同様に製作に協力し、製作協力券(1000円)の普及に取り組んでいます。映画完成後は、その協力券で全国どこの上映会でも鑑賞できます。有料試写会も含まれます。鑑賞有効期限は2010年12月末までとなっています。
 協力券は「日本興亜9条の会」事務局でも扱っていますので、ご連絡いただければお送りします。

「損保9条の会」への活動募金のご協力ありがとうございました

 昨年9月に上記カンパの訴えがあり、みなさんに取り組んでいただきました。
 お蔭様で、損保全体で57万円、その内日本興亜で32口14万円の募金を寄せていただきました。報告とお礼が遅くなり申し訳ありません。

「損保9条の会」のこれまでのとりくみ

・賛同者 現在約1000名(損保ジャパン406、あいおい170、日本興亜102、三井住友100、東海日動80、大成60など)
・講演会 結成記念(05・6・18)品川正治氏 250名
 第2回(06・1・18)坂本 修氏 250名
 第3回(06・12・10)小森陽一氏 230名
 第4回(07・9・29)堤 未果さん 170名
 第5回(08・10・4)池田香代子さん 180名
・社前宣伝行動 都合4回
・ニュースの発行 20号
・事業活動 (ブックレット、しおり、講演者の著書販売)
・映画「日本の青空」上映協力 260枚

最近の各単位9条の会の活動

<損保ジャパン>
 うたごえ&交流会(09・5・16)――新宿の「うたごえ喫茶、ともしび」でうたごえを楽しみ、その後ルノアールで交流会

<三井住友>
 わだつみ記念館の見学と東大散策、忘年会(08・12・6)――中条さんより展示内容のレクチャーを受け、みな熱心に貴重な記録を読んだ。東大構内の並木がまっ黄色に輝き、三四郎池の紅葉は水面に赤くうつり思わぬ秋を楽しんだ。

<9条を守る損保女性OBの会>
 わだつみのこえ記念館の見学と文学散歩――17名の参加で、記念館の見学と東大構内散策から、樋口一葉宅跡、石川啄木歌碑などを訪ねた。

 日本興亜9条の会では、この1年間個別の取り組みができませんでした。
 何か推薦されるイベントがありましたら、事務局までご連絡ください。

このページのトップへ戻る

三井住友海上9条の会たより

(三井住友海上9条の会 事務局 03−3567−8929)   2009.3.20

 桜の開花も目前に迫りました。皆様にはお元気でお過ごしのことと思います。
 3月16日世話人会を持ちました。損保9条の会の今年の取り組みは別紙『損保9条の会ニュース』記載のように、10月に品川正治さんを再度お呼びして講演会を開きます。 また、日本の青空U―いのちの輝く里・沢内村が製作中で6月に完成予定です。映画製作協力券を100枚購入し協力します。三井住友海上9条の会は映画製作協力券を20枚分担します。皆様のご協力をお願いいたします。
 今年の三井住友海上9条の会の独自企画は、『東京大空襲・戦争資料センター』と深川下町めぐりを秋頃に予定していますので、よろしくお願いいたします。

怒! 公的資金16兆円の投入を受けたAIGが、幹部ら400人に440億円、一人当り最高額64億円のボーナスを支払うという。(朝日新聞3/16)呆れた話だ。さすがにこれには米国内でもきわめて反発が強い。AIGこそ90年代クリントン政権と結んでわが国に保険自由化をごり押ししてきた元凶であった。その強欲と惨状は目を覆うものがある。そしてそれは今、9条改憲をごり押ししている勢力と根本においては同じ勢力だと言ったら言い過ぎだろうか。とも角彼らの言いなりになってはいけない。
 仲間を増やし、改憲を絶対に阻止しなければと思う。 KT生

遅くなりましたが、12月6日『わだつみ記念館じっくり見学』 東大散策と忘年会の報告です
 参加者は17名となり予定を超えて参加いただき盛況でした。
 わだつみ記念館には、元全損保日火支部委員長中條氏がわだつみ記念館基金理事を務めておられます。中條氏は高校時代に会津において「わだつみ会」を組織し活発に平和運動をしてこられた体験や、第2次『わだつみ会』の発足させ基金を募り本郷に「わだつみ記念館」を開館させたことを話してくださいました。基金には損保の関係者が多数名を連ねてありました。
 中條氏より展示の内容のレクチャーを受け、みな熱心に貴重な記録を読みました。
 特に日記には読んでいて心がふるえるほどの心情がつづってあります。「戦争によって流された血は、再び、それが決して流されないようにする事以外によっては償われない」との思いを強くしました。散策の東大構内は銀杏の大木の並木がまっ黄色に輝き、三四郎池の紅葉は水面に赤くうつり思わぬ秋を楽しみました。
 その後、近藤裕子さんが感想を次のように短歌にて詠んで下さいましたので、わだつみ記念館に出しました。中條さんより来館の御礼と「短歌」の御礼がありました。

君たちの 遺志は必ず受け継ぐと 思いつ巡る わだつみの館
反省の無いまま暴言 幕僚長 謹んで聞け わだつみの声
孫子らに 学ばせたきは近代史 世界に輝く憲法九条
わだつみ館 元の上司の名を見つけ 優しき笑顔脳裡に浮かぶ
平和への 道受け継いで 戦争を知らぬわれら 還暦となる
わだつみのこえ読み継がれし六十年 不戦の誓い平和への道

このページのトップへ戻る

《損保9条の会》損保ジャパン9条たより

5/16〔土〕損保ジャパン9条の会 うたごえで楽しもう!

うたごえ&交流会の開催 うたごえ喫茶/ともしび新宿

(1)うたごえ喫茶/ともしび  午後1時30分集合 会費:1,500円〔飲み物含む〕
(2)交流会 ルノアール/新宿店 午後3時より   会費:1,000円〔会場費、飲み物代含む〕

今回は、うたごえを楽しみながら交流の集いを企画しました。
昔若者だった方、今若者、カラオケ好きな方もたまにはうたごえを大いに楽しみたいものです・・・。仲間やご家族そして初めての方にも声をかけ合って参加を期待しています。
(1)うたごえ(2)交流会の何れかの参加も歓迎いたします。〔有志で飲み会も予定しています。〕損保9条の会、単位の会にも参加を呼びかけています。
☆参加されます方は、5月13日までにご一報をお願い致します。

地図
ともしび/FSビル6F〔1Fはケンタッキーフライドチキン〕

映画「いのちの山河〜日本の青空II〜」 〔損保9条の会ニュース/18号参照〕

製作協力券千円で映画づくりと普及に参加下さい。 映画の力で憲法生かそう!
映画「日本の青空」は、全国で800ケ所、50万人以上が観賞し大きな影響を与えました。
この度 「日本の青空」第2弾として「いのちの山河」の製作を開始。損保ジャパン9条の会では、製作参加者として加入〔1口10万円〕し協力券の普及と観賞運動をとりくんでいます。
5月完成予定で、全国どこの上映会でも観賞いただけ観賞有効期間は2010年12月末まで。

〔4/5現在 賛同者署名:406名〕

このページのトップへ戻る

9条を守る損保女性OBの会たより

「わだつみのこえ記念館」見学と文学散歩のお誘い

 みなさまいかがお過ごしでしょうか?
 9条を守る損保女性OBの会では、毎月一回、銀座・日本橋で9条を守る宣伝行動を行っていますが、今回は元日火の中條さんが活動されている「わだつみのこえ記念館」の見学と、本郷付近の文学散歩を企画いたしました。
 元気な顔を合わせ、旧交を深め、心地よい春の一日をご一緒しませんか?

日時 2009年4月20日 (月) 10時30分
集合 地下鉄丸の内線 「本郷三丁目」改札出たところ (改札は一ヶ所) 
雨天決行します

 東大構内散策 〜 樋口一葉宅跡・石川啄木歌碑ほかを訪ねます。
 昼食(12時より、レストラン未定)〜 「わだつみのこえ記念館」の見学(午後1時半より約一時間半)3時ごろ解散予定しています。途中よりの参加、または途中で帰られても結構です。ご都合つく時間でご参加ください。

 今回、記念館・文学散歩など元日火の鈴木妙子さんが案内してくださいます。
 鈴木さんは記念館のボランティアスタッフをしておられ、また文学をライフワークとしておられますので案内が楽しみです。

参加申し込みは3月31までに 担当へご連絡をお願いいたします。
  担当 須崎 044−977−4593
  担当 大森 0422−46−6359

9条を守る損保女性OBの会
  中央区京橋2-6-17貴仙ビル
  なかまセンター内
  03−3567−8929

このページのトップへ戻る

《損保9条の会》損保ジャパン9条たより

11/24「九条の会」第3回全国交流集会に900人余

全国の「会」は7,294に〔1年間で493増〕

 11月24日、第3回全国交流集会が開催され926名が参加。小森陽一事務局長は開会挨拶なかでこの1年間に、全国の「会」は493増えて「7,294」になったことを報告しまし
た。呼びかけ人の大江健三郎、奥平泰弘、澤地久枝、鶴見俊輔さんの4氏が冒頭に挨拶しました。交流集会は、10の分散会と青年・学生と職場の2つの分科会がもたれました。

「九条の会」からのよびかけ〔呼びかけ人会議より〕       2008年11月24日
〇1人ひとりの創意や地域の持ち味を大切にした取り組みで、憲法を生かす過半数の世論を。
〇継続的・計画的に学習し、条文改悪も解釈による憲法破壊も許さない力を地域や職場に。
〇思い切り対話の輪を広げ、引き続き小学校単位の「会」の結成に意欲的取組を。

10/4 損保9条の会第5回講演会/講師・池田佳代子さん に180名

「損保ジャパン9条の会」より「講演会、懇親会」に37名

 10月4日、損保9条の会第5回講演会は、池田佳代子さん〔翻訳家〕を講師に招き、会場が
満席の180名参加で開催されました。〔詳細は、損保9条の会ニュース/16号をご参照下さい。〕
 講演会終了後に懇親会を開催し、久しぶりの再会を喜び、懇談の中で、自己紹介や一人ひとことなども語り合いながら楽しい集いとなりました。損保ジャパン9条の会より37名の参加を得ました。〔講演会に36名、懇親会21名の参加。〕
〔当日、賛同署名・2名、参加できない方よりカンパ3人/6千円が寄せられました。〕

感想文より 〔損保ジャパン9条の会/参加者より〕
○平和、憲法以外でも食料、教育、医療の問題など大変わかり安く興味深い話を多く聞くことでき参加して良かったです。名古屋高裁の違法判決の意義も良く分かりました。〔Y.S〕
○名古屋高裁の判決、私も大感激し全文を読みました。池田さんは法廷で判決を聞かれてうらやましい。わが人生の中で最高に輝かしい勝利。池田さんのお話は大変面白かった。〔I.N〕

〔12/19現在 賛同署名数:398名〕

このページのトップへ戻る

三井住友海上9条の会たより

(三井住友海上9条の会 事務局 03−3567−8929)   2008.11.21

寒くなりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。
「わだつみ記念館じっくり見学」と忘年会を下記の通り行います。12月8日の太平洋戦争開戦日を前に、歴史を真摯に学び不戦の気持ちを新たにしたいと思います。お忙しい時期ですが、是非ご参加下さいますようお願いします。

日時 12月6日(土) 午後1時30分 地下鉄丸の内線本郷3丁目駅前 集合
「わだつみ記念館」にて中條氏(元日本火災)より 展示の意義、みどころなど説明を聞き、見学
東大赤門より構内に入り、2〜3箇所ポイント散策。 時間が余ればちょっとティータイム

5時より忘年会 「鮮魚屋」 (伊豆柿崎港 釣り船丸安直営) 03−3813−9997
文京区本郷2−40−13本郷コーポレーション2階 (本郷3丁目近く)
会費 4000円+飲代

  ご参加の方は 中澤090−4725−2192 谷090−4703−8847へ11/30まで電話を下さい

今年四月の名古屋高裁の「イラク派兵違憲判決」は誠に画期的な歴史的判決でした。
 判決の違憲判断は極めて明快です。「航空自衛隊のイラクでの活動は(かりに政府の憲法解釈に立ったとしても)憲法9条1項に違反する」と明瞭に述べ全く曖昧さはありません。さらに重要なことはこの判決が憲法前文の「平和的生存権」は単なる理念ではなく具体的に追求できる「権利性」を認定した事です。
 判決は5月2日確定しました。(この判決の主文だけを見れば政府側の勝訴でした。それ故政府は上告できず、原告も敢えて上告せず判決は確定しました)この意義は重要です。これまでも地裁段階で幾つかの違憲判決はありました。しかし何れも上級審で棄却され確定判決となり得ませんでした。9条違憲審査史上、確定判決は今回が初めです。それは今後の司法、立法、行政の各部門に渡って強い影響力を持つことになります。事実政府は9月11日に至り「イラクの空自を年内に撤収させる方向」と発表しています。
 この判決に関してよく出る質問に就いて触れておきます。「判決は政府側の勝訴なのになぜ画期的判決と評価できるのか」との疑問です。この説明はやや法技術論的になります。判決は棄却の理由を「原告の請求は、ある事実行為が抽象的に違法であることを求める」ものであり「現在の権利または法律関係に関する確認の利益を欠き不適法」であると述べています。これはわが国の現行法制度の建前を踏まえた結論です。ドイツなどでは憲法裁判所が抽象的に法令の違憲審査を行いますが、わが国の場合、違憲審査は個々の具体的事件に付随してのみ行うという法制度上の違いがあります。換言すれば「請求が原告に関わる具体的事件でない以上、抽象的に違憲かどうかを判決できる立場にない」ということを述べているだけなのです。裁判所は事実上は違憲判断を行いつつ結論的にはテクニカルな建前論によって決着をつけました。だがそれは判決文中の堂々たる違憲判断を全く損ずるものではありません。この判決の立論を評して「彼我の力関係を踏まえた中で”小の虫を殺し大の虫を生かす”絶妙のバランス感覚と勇気」を指摘する意見もあります。そういうことも言えると思います。しかし全面勝利が望ましいことも間違いない事実、大事な事はこうした弱点は一層の運動の拡大によってこそ克服さるべきものです。
 こに「9条の会」の運動の意義があると思います。

土田高三郎

このページのトップへ戻る

Copyright(c)2005 損保9条の会 All rights reserved.